「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」に投票しました。

お疲れさまです、投信ブロガー、こーです。

ことしも冬の訪れとともにこの季節がやってまいりました。
そう、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」投票の季節です!
さっそく結論から、私の投票したETF/投資信託たちを紹介します。

  1. VTI
  2. PFF
  3. iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
  4. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  5. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

いずれもメジャーな上記5銘柄に、1票ずつ投じました。
※投票者は5票を有しており、1銘柄に集中投票するか複数銘柄に分散投票するかは自由です。

投票にあたり重要視したのは、すでに資金を入れている銘柄から選ぶことぐらいです。
投票してるのに自分で資金を入れていないなんて!っていうのがいやだっただけですw

もう少し語りたいんですがせがれの手が離せないのとブログの投稿期限(11月30日まで)が
近づいているので、これにていったんドロンします(^^;)

短くてもいいからもっとブログ書こう、たのしい。

つまと初めて行った旅行先(クリスマスシーズンのウィーン市庁舎)

こー

【レポート】たぱぞうさん主催の第4回米国株を語る会に参加しました。

お疲れさまです、こーです。

歳を重ねると月日が過ぎるのを早く感じるもので、来週からはもう暦の上では春ですね。めでたい。二十四節気では啓蟄が好きです。でも虫はまったく触れない。

さて、だいーぶ時間が経ってしまいましたが先日1/12(土)、たぱぞうさん主催の「4回米国株を語る会」に参加しました。たぱぞうさん主催のオフ会は 2018年5月の「2回米国株を語る会」以来、2度目の参加です。ありがたや。

■語る会の概要

第1部「ワークショップ&座談会」からの第2部「日本酒の蔵元さん直営のお店で歓談」という二部構成で、前回参加した第2回と同じ構成でした。

参加者は男女16名ずつの計32名です。男性枠は募集開始から10分ほどで埋まってしまうほどの大激戦だそうです。あんまり何度も参加するとたぱぞうさんを飽きさせてしまったり、まだ参加したことのない方にご迷惑だったりと思いつつも、結局語りたくて参加させていただいてしまっています。。。

参加者の年齢層はおそらく20~50代ぐらいかなと思います。自分は真ん中やや下ぐらいか。第2回のようすを思い返すと、今回は若干年齢層が上に振れていたようにも感じました(第2回で仲良くなった方々に年下の方が多いからかも)。

■第1部 ワークショップ&座談会

今回は前回参加時と異なり、冒頭にたぱぞうさんから今後の米国に関するイベントについての講義があったり、指数に関するテクニカルな分析がありました。たぱぞうさんはあまりテクニカル分析をやらないと(勝手に)思っていたのですが、イベントを控えていたり節目のポイントになるようなタイミングでは、きっちりと押さえてらっしゃるんだなぁと思いました。現在も決算発表が本格化していますので、個別株を保有する投資家にとってはドキドキワクワクの時期ですね。

さて1部の中身はといいますと、参加者が男女2名ずつ4名で計8つのグループを作り、ワークショップ形式のもと、各自が持ち寄った個別銘柄についての知識を共有意見交換し合いました。今回の語る会では事前の宿題として、「2019年に買いたい株はこれだ!」というテーマが出ており、テーマにのとってワークショップを進めたかたちです。

僕が用意した銘柄はふたつで、インカムゲイン獲得の観点からPMフィリップモリス、キャピタルゲイン獲得の観点からMUマイクロンテクノロジーです。うーん、PMフィリップモリスはまぁ王道として、MUマイクロンテクノロジーはやっぱなかったかな。笑これらの銘柄を選定した理由も追々ブログで書きたいと思います。ちなみに語る会の翌々営業日ぐらいに、PMフィリップモリスを取得しました。なんといっても「2019年に買いたい株」ですので!語る会に参加されたみなさんは、挙げた銘柄に新規投資もしくは追加投資、なさったのでしょうか。気になるところです。ビザとかVISAとかVとか。w

グループのメンバーの方々からは、STZコンステレーション・ブランズ CGCキャノピーグロースTLRYティルレイといったマリファナ関連銘柄が多く挙がりました。STZコンステレーション・ブランズ は酒類販売大手でもあります(コロナビールなど)。とりあえず、自分のなかではまったく思いもよらない銘柄たちです。こういう自分とは異なる考え方、銘柄に接して色々意見を聞いたり交換したりできるのは、語る会ならではの醍醐味だと思います。

マリファナ関連銘柄は市場に伸び代がある一方で参入障壁も低いため、その点自分のなかでどう整理するかが投資に踏み切る際のポイントです。

また同じグループには、かねてから仲良くしてもらっているozisanさんもいました。相変わらずオジサンで、お酒好きということで、選定した銘柄にもその色が強く出ていました。このあとozisanさんにつきまとう時間が何時間も続きます。wグループワークを終えたあとは代表者が各グループの推奨銘柄を簡単に発表し、最後にたぱぞうさんから個別銘柄についての寸評をいただきました。寸評のなかで具体的な数値をおっしゃっていただくと、やっぱり「おっ」となりますね。投資は完全に自己責任ですが、進むか退くか迷っている方にとっては羅針盤となり得る内容だったと思います。ただ、具体的なターゲット水準の質問に対して何らかの回答するたぱぞうさんは、若干気の毒にも思えました^^;

■第2部 日本酒の蔵元さん直営のお店で歓談

場所を移し、また違った意味での楽しい時間の始まりです。僕はSUPER下戸のため、乾杯のビールはビアタン2ミリぐらいにとどめさせていただき、一気に飲み干すやいなやその後速やかにKOへ移行しました。よく大学でテニサーやってたな。

今回は席が事前に決まっており、トイメンには ozisan さんがいらっしゃいました。見飽きた顔だろうにほんとすみません。二日酔いを迎え酒で打ち返し、復活したさまは完全にオジサンそのものでした、カッコよかったです。お隣には男性で唯一語る会皆勤賞のゆうげんさん、はす向かいには第2回にもいらしゃった半蔵さんとご一緒させていただきました。

機関投資家は似たような資産配分になりがちですが、個人投資家はバックグラウンドが本当に様々なので、目的やリスク許容度に応じて株は株でも国内、海外、個別、投信などに分かれるし、ソーシャルレンディングやコモディティ、不動産やボンドなど、みなさん色々なアセットクラスに資金を入れてるんだなぁと思いました。僕が資産運用をしている理由やリスクテイク具合もそのうち、書きたいと思っています!

また座席番号が1番だったため、初っ端にたぱぞうさんとお話しできる機会がありました。たぱぞうさんの描く将来の展望は、聞いてるだけでワクワクします。ちょっとやそっとのことではできないことも、たぱぞうさんはいとも簡単にやってのけようとします。本当に同じ人間でしょうか?笑そのワクワクをいつか自分も実のあるかたちに昇華できたら、きっとそのときは、また違う世界が見えてくるんじゃないかと思います。ものすごく抽象的な表現ですみません^^;

■第3部 魚を食べまくる会

なんとたぱぞうさん、第3部に参戦してくださいました!10人ぐらいで小ぢんまり、いいですね。断片的にいうと、石垣島へ行ってみたい。健康は大切。あとはあまり覚えていません笑ここでもozisanさんの正面を確保しました。ほんともうこの日はすいません。さーせん。

■おわりに

語る会、やっぱり楽しかったです。世界観広がりーの、ブログでは云えない内容ありーの、投資家の輪広がりーの、おいしいご飯食べーの、たぱぞうさんの豪放磊落さに圧倒されーの。オフ会への参加経験は少ない僕ですが、投資初心者でも上級者でも万人にお勧めしたいオフ会であることに間違いありません。楽しさ、素晴らしさを臨場感のある言葉で伝えきれない点は忸怩たる思いでいっぱいですが、ぜひこの充実感は身を以って体験していただきたいなぁと思います。

次のオフ会は…焼肉だー!しかもニクの日。

【レポート】のぼりんさん・パーサモウニアスさん主催の投資家オフ会に参加しました。

お疲れさまです。

昨日、「のぼりん・パーサモウニアス合同投資家オフ会」に参加しました。資産運用関連のオフ会は2018年5月のたぱぞうさんによる「第2回米国株を語る会」に引き続き、2度目の参加です。米国株などの決まったテーマはなかったので、資産運用全般についてざっくばらんに語り合ったかたちです。せっかくなので内容を以下、簡単に、公開できる範囲で著します。

■参加メンバー

のぼりんさん、パーサモウニアスさん、Donutsさん、ぽんとんさん、モアイ@王国民さん、もふもふさん、ジャスミンさん、ふまんだらけさん、あおまめさん、こー、以上10名です。ちゃんとリンク貼れてるかな。

■お昼の交流会 第1部 自己紹介&ミニQ&A

参加者10名が持ち時間12分で自己紹介しました。幹事ののぼりんさんが事前に10個ほど定型の質問事項を用意してくださってたので答えやすかったです。みなさん個性的でかつ様々な分野に強みを持っているので、自己紹介しかしていないにもかかわらず、来てよかったと思いました。

内容については、「何故投資を始めたか」というお題がいちばん興味深いお題でした。投資を始めた年齢や年代、目的はまさに十人十色です。将来の経済的な課題を解決するために投資をやっている方が多かったように思いました。みなさんしっかりしてます。自分は金額以外に明確なゴールがなく、そもそも投資のキッカケが好奇心なので、お子ちゃまかよという感じでした。資産運用オフ会の楽しいところは、知見を広げられる点はもちろんですが、投資家の方々のポリシーやバックグラウンドをその方から直接聞ける点です。物語のようで楽しいです。

投資で利用している口座としてはNISAよりつみたてNISAが多く、その結果ETFより投資信託に投資している方が多い印象でした。海外ETFをベースに組成された投資信託が増えてきていることも一因かもしれません。海外ETFがベースの投資信託は粗悪なものが少ない印象です(根拠なし)。

また投資先として意外と多かったのが、ソーシャルレンディングです。自分を含めて5名が運用対象にしていて、かつポートフォリオにおける比重も小さくない方が多かったように思います。ソーシャルレンディングの期待収益率は6~7%が妥当と考えていますが、リターンの源泉は信用リスクであるべきで、事業者リスクであってはならないと、あらためて思いました。6~7%が妥当という時点で若干感覚が麻痺しているかもしれません。これから始める方はリスク管理をしっかり行ってほしいと思います。とりあえずまだまだ若いソーシャルレンディングというアセットクラスは、分散が命です。

おまけ的な質問事項で「お得な情報」があり、楽天経済圏とふるさと納税が太宗を占めていました。楽天、強すぎです(笑)。自分は株主優待クロス取引を紹介しました。12月は銘柄がそこそこ豊富でいいですね。今月は3197すかいらーくHDを1,000株、2702マクドナルドを300株、2579コカ・コーラBJHを100株など、10銘柄をクロスしました。逆日歩の発生が恐ろしいため一般信用のみでやっています。株主優待に興味のある方はぜひ検討してみてください。

■お昼の交流会 第2部 パネルディスカッション

休憩をはさんで、お昼の交流会後半はパネルディスカッションでした。こちらものぼりんさんが20個ほどテーマを用意してくださり、どなたかが聞きたいor話したいテーマがあればそれについて語り合うというかたちです。

ソーシャルレンディング、インフラファンド、投資方針、おすすめ書籍・ブログなどがテーマになりました。自分は投資方針の悩みを相談しましたが、結果的に悩みが深まりました(笑)。これも様々な意見をどんどんもらえるオフ会ならではのことかと思います。とりあえず目先は従来どおり、配当利回り重視のパッシブファンド投資を継続することとします。またおすすめブログの件では、TOMさんを紹介しました、勝手に(笑)。ちなみにノブさんの存在は秘匿しました。山崎元さんの書籍は必読ですね。何から読もう。実は尊敬している出口治明さんの名前もでてきて、高まりました。

■夜の懇親会

うどんのおいしい居酒屋で懇親会しました。飲み放題ということで調子に乗って自分の名前の由来になっているわけではないKOを愚直に飲み続けた結果、あまりご飯を食べられませんでした。パーサさんご心配をおかけしてすみません。

懇親会になるとやっぱり次から次へと話題が出てきます。2019年の市場見通し、楽天経済圏最強説、育児休業の巧みな取り方、なぜおじさんはバーベキューが好きなのか、などなど。明確な解がないからこそ盛り上がりました。せっかくのいい機会に得られた有益な情報は、今後の自分の人生に活かしていきたいと思います。うどんと梅の組合せおいしかった。

■終わりに

文字ばかり淡々と書いているものですから、まったく臨場感など感じられないと思います。読み応えのある記事は恐れ入りますが諸先輩方にお任せさせていただきます。今後もオフ会には積極的に参加したいと思っているので、どこかでお会いしたら、よろしくお願いします。