どういう資産運用をしているのか。〜何も考えていない篇〜

お疲れさまです、こーです。

今宵気の置けないメンバーでのオフ会を予定しており、ワクテカしています。とはいえ初対面の方もいらっしゃるので、できるだけ社会人らしく、できるだけ礼儀正しく、できるだけちゃんとしていこうと思います。いい大人ですから。とりあえず酔っ払わないようにしなきゃ(KO杞憂)。

さて実は先日、個人的目標として4月12日(金)19時までにブログを2本書くという目標を掲げました。すでに1本は「なぜ資産運用を始めたのか。」というタイトルで上梓しておりますので、みなさま呼吸すること以外にやることなくなったら、ぜひご一読ください 。

今回は、ふだん私が取り組んでいる資産運用のうち、何も考えずに取り組んでいる資産運用の内容をご紹介します。まずは簡単な表から。

はい。

美術の成績が2だった私ですが、「なり」に表をこさえました。肝心の内容としては、息を吸うように私名義でiDeCoで投資し、息を吐くように妻名義でつみたてNISAで投資する。いずれも投資対象は米国株100%です。

補足事項として、私は一般NISA口座を開設しています。かつては国内個別株を、足もとでは米国高配当株ETFを購入しています。積立投資は行っておらず、永久保有前提の銘柄を年初に一括購入するかたちで、今年の枠をすべて使い切りました(ETF購入後のNISA枠残滓はeMAXIS Slim 米国株式で使いきり)。
また妻の勤務先は401kならびにマッチング拠出を導入しています。つまり、iDeCoを活用することができません。つらい。ポートフォリオは全額定期預金です。無リスクつらい。せめてものお願いで、マッチング拠出の金額だけは上限まで設定してもらっています。401kは少額なので、全額リスク資産に配分しても大したダメージはないと思うのです。あらためて妻に相談しよ。

掲げた表の内容に戻ります。

続いてはWealthNaviです。WealthNaviを含むロボアドバイザーを活用しての資産運用は、主にコスト面で賛否両論あると思っています。WealthNaviの場合、各ETFの信託報酬+有価証券時価残高の1%相当がコストとなります。1%て…数値だけみるととんでもなく大きな負担に思えます。

しかしながら私が毎月拠出している5万円程度の少額運用の場合、SBI証券や楽天証券などでWealthNaviと同じポートフォリオを組成しよ全然うと思うと、時価残高の1%相当のコストでは済まないです。しかも根っからの貧乏性である私は、手数料の「もと」を取れるだけ取ろうと思い、一括で 5万円を拠出するのではなく、1万円×5回に分けて拠出しています。取引回数に依らず手数料は決まっているため、取引回数を増やせばよりお得感が増すという思想です。取引手数料が従量制の場合は取引回数が増加すればするほどパフォーマンスを低下させますが、定額制の場合は取引回数の多寡に起因しパフォーマンスが変動するということはありません。ほんとにもう貧乏性すぎて誰にもこの投資行動を打ち明けたことがありません、内証にしておいてください(笑)。

ただ、WealthNaviを活用する大前提として忘れてならいのは、同社の用意したポートフォリオに納得しているかどうか、という点です、当たり前ですが。同社のポートフォリオは現代ポートフォリオ理論という、いわば教科書どおりの考え方に基づいて組成されています。基本に忠実で効率的に資産形成を図れる考え方ですが、だんだん運用の経験が蓄積されて投資の自我が目覚めていくと、自分なりの考え方を持つようになってきます。そらそうです、人間は考える葦ですから。運用に限った話ではないですね。米国株一本でいきたいとか、エマージング一本で行きたいとか、REITを50%の占率にしたいとか、金なぞ要らん、とかです。自分の考え方とWealthNaviの提供するポートフォリオが一致しないことは往々にあると思います。保有したくもない有価証券を手数料を支払ってまで保有することは、いくら教科書に合理的と云われても自分を納得させられません。納得してないと投資を楽しめないし、損失を計上した際に後悔の念が強まります。WealthNaviが初心者向けと云われる所以は、この点にあると思います。

したがって、上記を踏まえた私の考えるWealthNaviのベストな活用方法は、資産運用の「いろは」の習得です。まずWealthNaviで資産運用を始めてみる。WealthNaviの投資行動を観察することで、運用の「いろは」を学ぶ。学びをもとに、自分でポートフォリオを組成してみる。納得する。実行に移す。WealthNaviから学べることを学びつくしたあとは、解約する。そんな活用方法も大いにありだと思います。

なお、WealthNaviの搭載しているDeTax機能はまったく期待していません。他の特定口座と損益通算しなければまったく意味をなさないためです。DeTax機能を利用する、しないを選択できるようになると、なおよしだと思います。WealthNaviでしか投資をしてない方には有用な機能だと思います。

WealthNaviの話が長くなりました。最後にソーシャルレンディングです。

足もとで定期的に資金を入れているのは、SBIソーシャルレンディング(SBISL)の不動産担保ローン事業者ファンドのみです。毎月10万円×2ファンド=20万円を基本的な投資金額としています。しかし、ほぼ同程度かそれよりやや多い金額が毎月償還しているため、残高としてはここ数ヵ月ほぼ横ばいもしくはやや減少です。

SBISLのほかにはクラウドバンクでも投資を行っていますが、最近はまったく新規投資を行う気にまれません。というのも、クラウドバンクは募集ファンドこそ違えど、融資先が重複している案件ばかりのためです。ソーシャルレンディングは事業者から融資先まで、分散が命です。一に分散二に分散、三四に分散、五に分散、です。あとはリセッション時にどのようなイベントが起こるかが予測できないため、徐々に残高を引き上げようとも思っています。ETFや投資信託と異なってソーシャルレンディングはいとも簡単にただの紙切れと化しますので、取り返しのつく金額の範囲内で投資することを強く推奨します。資産残高縮小気味ということもあり、ソーシャルレンディングはこのあたりでおしまいにします。

以上、今回もご清聴ありがとうございました。

P.S. 最近は胎動を感じるようになりました。

小浜島にあるえりーのおうち。

なぜ資産運用を始めたのか。

お疲れさまです、こーです。

さて、今回はそもそも論「なぜ資産運用を始めたのか」について著したいと思います。私のケースを述べるだけの、資産運用の必要性を説くような一般論的な内容ではないため、投資のご参考にはなりづらいかと思います。あくまで私のことを知っていただくことが趣旨です。あときれいなグラフや表も相変わらずありません…。

問いに対する答えを申しあげると、物心ついたときから資産運用していたためです。訊かれたことに答えていない点は認識しています。

生まれた直後から運用していたかのような表現になっていますがそうではなく、ここでお伝えしたいことは、社会人になってから給与の使い道をきちんと考える前に運用を始めていたということです。老後の不安を解消したいとか毎月の収入をわずかでも増やしたいとか、何も考えていなかったんです(笑)。

メインの内容が3段落で終わってしまったので、もう少し深掘りしてお話したいと思います。お忙しいとは存じますが、どうぞお付き合いくださいませ。

■資産運用を始めたキッカケ

私が資産運用を始めたキッカケは上司の「ETFって知ってる?」という一言でした。ツッコミどころのある状況ですが、とりあえず当時の私の答えは「知りません」。その後、好奇心旺盛さと無駄な行動力を具備する私は有休を取得し、野村證券新宿野村ビル支店へ赴き、対面での証券口座開設に至ります。レーマン・ショック前夜のことです(遠い目)。

初期に購入した銘柄は以下の3銘柄です。

  1. 1306 TOPIX連動型上場投資信託
  2. 海外資源株アクティブ投資信託(ヘッジなし)
  3. 世界高金利通貨投資信託(毎月分配型

若さが前面に出ている銘柄群ですね(笑)。いや、この表現は数多いる若く優秀な方に失礼な表現ですので、ユニークな銘柄群ですね、に訂正させていただきます。

各銘柄を購入した動機は以下のとおりです。

■1306 TOPIX連動型上場投資信託

こちらの銘柄は泣く子も黙る国内指数連動型上場投資信託の雄です。とりあえずこれを買っておけば問題ないという、今の自分で云うとS&P500連動型ETFを買い付けるときと同じ気持ちで購入しました。ぜんぜん違うぞ。初回買付単価は@1,600ほど。値を戻すのにおよそ10年の歳月を要しています。その歳月は、湘北戦のハーフタイムで神が述べた「待ちくたびれましたよ」の比ではありません。あれはたかだか10分そこらの話ですから。ていうか漫画ですから。この銘柄はのちにひたすらナンピンされて現在の運用資金の原資へと変貌を遂げていくわけですが、私の投資してきた銘柄のなかでこれほど臥薪嘗胆ということばが相応しい銘柄はありません。ほんとに。アベノミクスありがとう。

■海外資源株アクティブ投資信託(ヘッジなし)

正式名称は失念しました。豪州の資源株を主な投資対象とするアクティブ投信でした。信託報酬は2%を優に超えていましたし、購入手数料もしっかり取られました。そして私は、基準価額が半値ぐらいまで下落したところで狼狽売りしました

少し話は逸れますが、私はアクティブ運用をまったく否定しません。個別株投資を行っているのがその気持ちの表れです。アクティブ運用で得た利益からは、パッシブ運用で得たそれとは明らかに異なる昂揚感を得られるんです(射倖性とはまったく違います)。パフォーマンスの話をしてはなりません。それはさておきこの小市民、金融市場が健全に成長、成熟していくために、アクティブファンドマネジャーが面目躍如する世界になってほしいと願っています。ただ申し訳ないことに、私は優秀なアクティブファンドマネジャーを見抜けるような慧眼を有していないのです。今も昔も、そしてこれからも、です。これだけは再現性があると言い切れます。

話を海外資源株アクティブ投資信託(ヘッジなし)に戻しますと、こちらの銘柄は組み入れ銘柄そのものの株価下落に加えて当時90円台/A$から60円台/A$ほどまで進んだ円高の影響をモロに受け、2009年だか2010年頃に毅然と野村證券のお姉さんに電話し、狼狽えながら三行半を突き付けてやりましたよ。ファンドそのもの顛末はもはや知る由もありません。さようなら。

■世界高金利通貨投資信託(毎月分配型)

こちらも今考えればよく投資したなという、つみたてNISA不適格銘柄のリーダー的存在でありますが、当時はまさに利息及び配当金等収入を得る目的で購入しました。しかしながら開けてみれば毎月毎月、特別分配金の嵐。タコが自分の足をちょん切って空腹を満たしていたのです。それを受け容れてしまうほどに、自分は金融リテラシーを有していなかったのです。なお普通分配金を受領したおぼえはありません。記憶にございません。したがって無駄な税金を支払わずに済んだと考えることにします(ポジティブ)。

この銘柄の顛末としては、売却を検討していたタイミングと婚約するタイミングがほぼ同じだったため、売却代金は結納金へと進化しました。ピチュウからピカチュウみたいな感じです、ポケモンやったことないけど。配偶者もまさか結納金の原資が悪名高い毎月分配型の投資信託だったとは、知る由もないでしょう。

■おまとめ

今回は主に2点、私がなぜ資産運用を始めたかという話と、たけのやりでムドーと戦っていたの話を書きました。

今日まで資産運用を続けている理由は、好きで続けているというよりも、運用を始めた直後にリセッションと出遭い、脱出したいにも脱出できない泥沼にハマッた結果、ずるずる続いている、という表現のほうが正しいかもしれません。その過程で米国個別株や米国ETF、ソーシャルレンディングへ投資することの意義を見出せたのは自分の人生において非常に大きなできごとです。

かれこれ投資歴だけで云うと10年以上にはなるものの、あらためて考えると本当に考えて投資をするようになったのはここ6,7年のことです。したがって、まだまだ勉強しなければならない日々は続きます。胸に宿る未来図を悲しみの涙で濡らさぬように精進していきたいと思います。

つきましては、今後もオフ会やTwitterでみなさんのお世話になります!

■事務連絡

赤ちゃん授かりました。私じゃなくて妻がです。順調にいけば令和ベイビーです。リスク許容度に変更はありません。

いつか行った秩父の芝桜。チャームポイントのハートを見つけてください。

こー

ウェブログ始めました。

お疲れさまです。

初めまして、こー@kowitzki41といいます。今年になってご縁のあった方々に影響を受けた結果、ブログを始めることにしました。mixiの日記機能以来およそ15年ぶりです。

ブログの内容は主に資産運用のつもりですが、雑記も多くなると思います。

どのような方に向けたブログにしたいかというと、長期的な視点で資産運用を行っている方もしくはこれから長期の資産運用を始めたいと考えている方、かつ面倒くさがりの方に向けたブログにしたいと考えています。ここで云う長期とは1年以上ではなく、20年とか30年とか、そのぐらいのスパンを指します。

自分自身が重度の面倒くさがりのため、自分で読んでもぎりぎり面倒くさくないと思える水準のブログにしたいと思っています。笑

ブログを書く目的は3つで、

①資産運用の相談や情報交換をできる輪を広げるため

②自分の投資行動やパフォーマンスをきちんと記録・管理するため

③長く続けられる趣味を増やすため

です。

①については、自分が得て有用だと思った情報、オフ会などで話題に上がったテーマ、また資産運用について自分が日々思うことをこの場で共有することで、このブログを読んでくださる方々とともに成長したいと考えています。様々な意見の集まる場所にできると幸いです。

②については、ディスクロージャーの側面もありますが、どちらかというと将来の自分に向けたメッセージという位置づけです。あの時自分はどのように考えてどうのように行動したのか。文字に残るので、中途半端な言い訳をさせません。

③については、上記のとおりです。加えて勝手ながら、人に読んでもらえる文章を書く練習の場にもさせていただきたいと考えています。

さて、つい先日オフ会に参加してきました。その際に幹事ののぼりんさんが用意してくださったテーマをもとに、自己紹介します。

■基本情報

名前:こー(本名から)

世代:1980年代生まれ

性別:おとこ

家族:妻

性格:飽き性な凝り性

主な所得区分:給与所得

住まい:賃貸マンション@首都圏

お酒:ぜんぜん飲めない

たばこ:一本も吸ったことない

娯楽:麻雀(1-1-2)

■資産運用関連

投資経験:10年と少し

投資を始めたきっかけ:上司に「ETF知ってる?」と訊かれて気になったから。

投資のゴール:60歳で家計の金融資産100百万円

投資戦略:パッシブ投資と高配当株投資がメイン、たまにキャピタル収益狙いのグロース株投資

主な投資対象:海外株式(ETFを含む)、ソーシャルレンディング

退場した投資対象:FX

その他の投資対象:国内個別株(IPOBBと株主優待クロス取引のみ)

得意分野:ファイナンス系

不得意分野:テクニカル系

利用している制度:ふるさと納税、iDeCo(SBI証券セレクトプラン)、NISA(自分@SBI証券)、つみたてNISA(妻@楽天証券)

■その他

趣味:ピアノを弾くこと(クラシック)、コーヒーを淹れること(エスプレッソマシン)

好きな旅行先:北欧、ハワイ

好きな音楽家:ショパン、バッハ

好きなスポーツ選手:Dirk Nowitzki(NBA)、Orestes Destrade(プロ野球)

好きなコーラ:KO

以上です。

最後に、お気に入りの写真を2枚貼っておしまいにします。

ノルウェーの山岳地帯を走るフロム鉄道のフロム駅です。新婚旅行のときに訪れました。ミニチュアの世界のような、かわいらしい駅です。