【レポート】のぼりんさん・パーサモウニアスさん主催の投資家オフ会に参加しました。

お疲れさまです。

昨日、「のぼりん・パーサモウニアス合同投資家オフ会」に参加しました。資産運用関連のオフ会は2018年5月のたぱぞうさんによる「第2回米国株を語る会」に引き続き、2度目の参加です。米国株などの決まったテーマはなかったので、資産運用全般についてざっくばらんに語り合ったかたちです。せっかくなので内容を以下、簡単に、公開できる範囲で著します。

■参加メンバー

のぼりんさん、パーサモウニアスさん、Donutsさん、ぽんとんさん、モアイ@王国民さん、もふもふさん、ジャスミンさん、ふまんだらけさん、あおまめさん、こー、以上10名です。ちゃんとリンク貼れてるかな。

■お昼の交流会 第1部 自己紹介&ミニQ&A

参加者10名が持ち時間12分で自己紹介しました。幹事ののぼりんさんが事前に10個ほど定型の質問事項を用意してくださってたので答えやすかったです。みなさん個性的でかつ様々な分野に強みを持っているので、自己紹介しかしていないにもかかわらず、来てよかったと思いました。

内容については、「何故投資を始めたか」というお題がいちばん興味深いお題でした。投資を始めた年齢や年代、目的はまさに十人十色です。将来の経済的な課題を解決するために投資をやっている方が多かったように思いました。みなさんしっかりしてます。自分は金額以外に明確なゴールがなく、そもそも投資のキッカケが好奇心なので、お子ちゃまかよという感じでした。資産運用オフ会の楽しいところは、知見を広げられる点はもちろんですが、投資家の方々のポリシーやバックグラウンドをその方から直接聞ける点です。物語のようで楽しいです。

投資で利用している口座としてはNISAよりつみたてNISAが多く、その結果ETFより投資信託に投資している方が多い印象でした。海外ETFをベースに組成された投資信託が増えてきていることも一因かもしれません。海外ETFがベースの投資信託は粗悪なものが少ない印象です(根拠なし)。

また投資先として意外と多かったのが、ソーシャルレンディングです。自分を含めて5名が運用対象にしていて、かつポートフォリオにおける比重も小さくない方が多かったように思います。ソーシャルレンディングの期待収益率は6~7%が妥当と考えていますが、リターンの源泉は信用リスクであるべきで、事業者リスクであってはならないと、あらためて思いました。6~7%が妥当という時点で若干感覚が麻痺しているかもしれません。これから始める方はリスク管理をしっかり行ってほしいと思います。とりあえずまだまだ若いソーシャルレンディングというアセットクラスは、分散が命です。

おまけ的な質問事項で「お得な情報」があり、楽天経済圏とふるさと納税が太宗を占めていました。楽天、強すぎです(笑)。自分は株主優待クロス取引を紹介しました。12月は銘柄がそこそこ豊富でいいですね。今月は3197すかいらーくHDを1,000株、2702マクドナルドを300株、2579コカ・コーラBJHを100株など、10銘柄をクロスしました。逆日歩の発生が恐ろしいため一般信用のみでやっています。株主優待に興味のある方はぜひ検討してみてください。

■お昼の交流会 第2部 パネルディスカッション

休憩をはさんで、お昼の交流会後半はパネルディスカッションでした。こちらものぼりんさんが20個ほどテーマを用意してくださり、どなたかが聞きたいor話したいテーマがあればそれについて語り合うというかたちです。

ソーシャルレンディング、インフラファンド、投資方針、おすすめ書籍・ブログなどがテーマになりました。自分は投資方針の悩みを相談しましたが、結果的に悩みが深まりました(笑)。これも様々な意見をどんどんもらえるオフ会ならではのことかと思います。とりあえず目先は従来どおり、配当利回り重視のパッシブファンド投資を継続することとします。またおすすめブログの件では、TOMさんを紹介しました、勝手に(笑)。ちなみにノブさんの存在は秘匿しました。山崎元さんの書籍は必読ですね。何から読もう。実は尊敬している出口治明さんの名前もでてきて、高まりました。

■夜の懇親会

うどんのおいしい居酒屋で懇親会しました。飲み放題ということで調子に乗って自分の名前の由来になっているわけではないKOを愚直に飲み続けた結果、あまりご飯を食べられませんでした。パーサさんご心配をおかけしてすみません。

懇親会になるとやっぱり次から次へと話題が出てきます。2019年の市場見通し、楽天経済圏最強説、育児休業の巧みな取り方、なぜおじさんはバーベキューが好きなのか、などなど。明確な解がないからこそ盛り上がりました。せっかくのいい機会に得られた有益な情報は、今後の自分の人生に活かしていきたいと思います。うどんと梅の組合せおいしかった。

■終わりに

文字ばかり淡々と書いているものですから、まったく臨場感など感じられないと思います。読み応えのある記事は恐れ入りますが諸先輩方にお任せさせていただきます。今後もオフ会には積極的に参加したいと思っているので、どこかでお会いしたら、よろしくお願いします。